2004/08/26

宿泊施設問題、続々と

宿泊施設関連で、またあまり嬉しくないニュースが続いています。

【無許可温泉掘削・営業の施設が強制捜査】
作並温泉のある施設が、温泉保護地域内で無許可でボーリングし、温泉供給で営業しており、温泉法違反で強制捜査が入ったというニュースです。ボーリングの費用は許可・無許可に関わらず発生する(むしろ、無許可掘削を承知でやったのですから、高いものになったような気がしますが)わけですが、同施設は一度行政指導を受けて営業自粛をしていたにも関わらず、ほとぼりが冷めてから、また温泉供給をしてた模様です。



【偽装・90点の宿】
詳細は、リンク先の報道にあるとおりです。この問題については、私も元非採点現場の経験者として、あまり気分のいい話ではありません。

JTB社では、自社送客の宿泊者に、宿泊先の施設のお部屋、お食事、お風呂、サービスなどについて設問する満足度のアンケートを実施していて、年間を通じて100点満点中の90点以上を獲得した施設は、毎年発刊される「満足度90点以上の宿」に掲載されるばかりではなく、同社窓口でのオススメ順位もこれに基づく営業所も多いようで、JTB社に参画する全国の宿泊施設では、この”90点以上の宿”は一種のステータスシンボルでもあり、施設営業にも大きく関わるポイントです。

この集計は、3カ月毎に中間報告として結果が通知され、それを見ながら各施設では問題箇所の改善ポイント指標としても有効に活用しているのですが、実際に年間を通じて90点以上を獲得できる宿は、毎年わずか100〜130件ほど。私の知る限り、このお客様からいただくアンケートは厳密なもので、いわゆる「ハナグスリ」が効かないために、今回のようなクーポン券を購入してまでも、高得点を得たかったという施設も出てきたのでしょう。

ホテルマン現役時代によく聞いた”噂話”では、「ドコドコの施設では、JTB客専任コンシェルジュを設置している」とか、「JTB経由のお客様には+特典サービス」とか色々な話を聞くぐらい、宿側でもこのアンケート結果には最大の注意を払っているのです。そこまでしても、毎年出てくる獲得施設数が変わらないということは、やはり世間様の目は誤魔化せないものだと思います。口先だけが良くてもダメ、お食事が美味しくても清掃状況が悪ければダメ、などトータルでのサービス・クオリティが結果として出てくるのがこのアンケートなのです。

ちなみに、私が勤務していたホテルは、この「満足度90点以上の宿」には、5年連続で選ばれております。新規オープンして、採点対象施設になって最初の年は89点でした。1点差のために掲載されない宿は掲載される宿の数以上にあるのですが、その結果を受けて翌年度から、支配人以下スタッフ全員で各項目について努力目標として取り組んだ結果、翌年からは90点以上をとれることが出来、それがホテル全体のサービス・クオリティのスタンダードを押し上げることに繋がりましたが、本当に一時たりとも気を抜けない現場を続けないと数字維持は出来ないのです。

今でもそうですが、90点以上獲得のために同社のお客様だけを特別配慮といったことは、私の在籍していたホテルではしておりません。というよりも、忙しすぎて、そんな余裕すらないのが本当のところです。電車でいらっしゃるお客様達は、乗り合わせた方々はほぼ同時にチェックインされますが、お名前を伺う前に、直接予約の方なのか、代理店経由の方なのか、JTB経由の方なのかなんて判別しようも無いことですし、大浴場を監視員よろしく見張って、お客様をチェックするなんてことも不可能な話です。また、フロントが良くても、レストランのサービスが悪い、あるいはその逆など、一セクションだけが良ければOKということもないですし、一年間という長い周期でそのクオリティとモチベーションを全てのスタッフが持ち続けることができた施設だけが、この90点を獲得できるものと、私の経験では理解しています。

私の元同僚達は、今でもその不断の努力を続けています。ジャーニーマンで掲載させていただく施設さんでもこの90点以上の宿があり、それを獲得するに至る労力を知っているからと、私共のようなマイナーな代理店に掲載を受諾していただいてもいるのです。私自身、業界に在籍していた時代の誇りでもあり、今回の偽装事件は、あまり気分のいい話ではありません。

上記リンク先の報道によると、水増しアンケートを抜いて再集計したところ、当該施設では90点は獲得できなかったようです。
クーポン券を自分たちで購入する資金があるのなら、その分、食材原価を上げるとか、設備面でのサービス向上に努めるべきです。宿泊業は、サービスという人間力で勝負する現場であるという事実を再認識して欲しいと思います、
小額のお金で労力をショートカットしようなどということは、世間様には通じないし、自分は以前、そのような施設と勝負していたのかと思うとやるせなくなると同時に、そのホテルで働く良心を持つ大勢のスタッフのプライドを考えると、これまた切ない話しでもあります。

この秋にかけて、宿泊施設問題は、まだまだでてくると思います。

2004/08/21

canon20D、発表!

ウワサだったcanonの20Dが、発表されました。
私の使用する10Dの後継機種ですね。

主な機能は、


  • 8.2メガピクセルのデジタル一眼

  • ファインダー視野率の向上と、7点→9点のフォーカス・ポイント

  • 起動0.2秒!(10Dは約4秒かな)

  • DISIC2搭載


などなどです。小売り価格も、10D売り出しよりも若干安い模様です。

詳細は、canon 20D スペシャルページにて。

◎iwamotoさん、情報ありがとうございました。

2004/08/19

Eolas訴訟がまた前進?

Flashなどのブラウザ上で展開する外部プラグイン特許技術について、そのライセンスを巡るEolas訴訟といわれる対マイクロソフト訴訟の行方が注目されていました。
このEolas社とカリフォルニア大学の先行技術が認定されると、プラグインを用いた世界中のWebページ全てに影響が出るとのことで、問題が持ち上がった昨年末は、プロ・アマ問わずコンテンツ製作者はパニックに陥り、第一審でMS敗訴後、一時はマクロメディアでさえ、暫定的にembedタグは使用せずjavascriptで迂回してくれとか、回避する方法を模索中で見つかり次第公表すると発表したりと、大騒ぎでした。

その後、W3Cほか、普段はMSとは比較的距離を置くといわれる各ITメジャーが、MS擁護のため奔走し、Eolasとカリフォルニア大学が主張する「先行技術」の認定そのものが無効であるとの主張を、同技術の特許を認定した特許庁に起こし、これが認められたということのようです。


プラグイン特許紛争--米特許商標庁がマイクロソフトを再び支持 - CNET Japan

2004/08/18

今更ですが『電車男』

今更ですが、今のところ今年最も話題の新世代文学?「電車男」

ご存知の方は感動を新たに、ご存知ない方は必見です。
リンク先の《■ Mission.1 めしどこかたのむ》からお読みください。
※ご注意:読み始めると、嵌まる方はハマってしまいますので、仕事中の方は気をつけましょう。

〜関連blog〜
CNET Japan Blog
「電車男」に見る2ch文学の可能性


男も女も、恋愛に鈍化してしまった大人も、これから恋愛する若い方も、ぜひ。
こんな私でも、胸いっぱいに甘酸っぱいものがこみ上げてきました。

↓のポストの補足になりましたら。

Blogの広がりと個性との出会い

このBlogのトップ部分が、今までのBloggerによるAdから、ご覧のようなサーチ窓とランダムにBlogger利用Blogのボタンに代わりました。
NEXT BLOG>>というボタンがそれですが、海外の方、独自のテンプレート(CSS)で運用していらっしゃる方が多いのですね。面白いのと同時に、そのアイデアと労力にはアタマが下がります。

ここ最近、インターネットのユーティリティは、Blogを使う方が増えるにつれ、様々な無料サービスが提供され、ユーザーが気軽に色々なことを出来るようになってきました。
密かにブレイクしているのが、「flickr.com」。
いわゆるフォトログですが、公開/非公開の設定が出来、公開した写真には、色んな方がコメントできたりします。実は、私はこのサービスは、このBloggerのヘルプから発見したのですが、元々は、MacユーザーがBloggerで外部の写真をアップできる無料のサービスを探していたところ、このflickrが推奨になっており、テストで投稿したものが下の花火の画像でした。
どんな感じなのか「とりあえず、アップしてみよう」ということでアップして、どうなっているのだろうとポストしたページに戻ってみると、すぐさまコメントをいただけビックリしました。

Blogger仲間の皆さんに紹介すると、さすが皆さん、スキルが豊富で、その利用方法を続々と発見し、私はいつもの通り、教えていただくばかりです。特に、ダイジェストとしてblogのサイドバーに出力したり、プロフィール写真にflickrを使ってランダム表示させたり、と楽しい使い方を発見されてはそのtipsを公開していただくokanomailさんには脱帽ですし、ポトフさんもジャンジャンと写真のアップ&Blog連動で活用されてます。monologueさんは日本語Bloggerに連帯する話題を提供いただいておりますが、さっそくトライされてます。

flickrにはチャットもありますが、さすがに英語は自信ありませんので、試したことはありません。
英語といえばこのBloggerやflickr、案内が英語オンリーなことが難点で、英語に弱い私も最初はビビってしまいましたが、落ち着いて案内を読むと、難しい単語はあまり使われていないことと、flickrのように、海外の方からコメントをいただけたりすると、国境のないインターネットの存在を感じられて、今開催中のオリンピックの影響でしょうか?海外がとても近く感じられることが、何となく嬉しかったりします。

ここ数年、スキルを持つ人間だけがネットをコントロールし、「ネット性悪説」が常識のようになっていましたが、Blogなど垣根の低いコミュニケーション・ツールがどんどん増え、発信者のすそ野が大きく広がってきました。色々な意味での「善な意識のオリジナリティ」がさらに広がることを願いつつ、様々な個性と出会う機会が増えることに喜びを覚えます。
と同時に、商用コンテンツを提供する身として、内容のクオリティにはより注意せねばと身の締まる思いでもあります。

2004/08/15

温泉問題

色々と忙しく、Blog更新が出来ませんでした。m(_ _)m

今年の秋の国内旅行では、どうやら10〜15名の小規模団体で高級宿に泊まることが流行っているようで、ジャーニーマンでご紹介の宿にも、9月以降にそうした予約が多数入っている模様です。あちこちの観光地を巡るパッケージではなく、グループで憧れの宿に泊まるという傾向が見受けられます。

そうした、国内旅行復調の明るい兆しに影を落とす方ニュースが、ここ数週間続いています。例の「温泉問題」です。
白骨温泉に端を発し、国の調査が入っている過程で、水上温泉、石和温泉、昨日は芦原温泉でも、偽装温泉施設があった事実が報道されておりますが、これからもっと沢山の実例が出てきそうです。

※報道では“地名”として温泉地の名称が出てきますが、問題の施設が、必ずしも温泉の供給可能な地域内にあるとは限りませんので、その温泉地全体の問題ではないケースがあり、基本的には個別の施設の問題とお考えください。


温泉の定義は非常に難しいのですが、一般的には「温泉法」に定める届け出をし、都道府県に認定された施設が「温泉」と名乗ることが出来ます。(温泉法第三章第十三条)
温泉の有無は、施設にとって営業に大きく関わることですから、なんとしても温泉としたいところです。

しかしながら、温泉浴場の維持には、膨大なコストがかかります。自噴源泉を持つ施設、地域共同源泉を利用する施設に関わらず、天然温泉の含有成分は、配水管を侵食する、あるいはスケール(カルシウム成分などが堆積していく)が溜まるなど、ボーリング後にノーメインテナンスで恒久的に使用できる設備は皆無です。さらには、レジオネラ菌問題以降、衛生管理に対する施設のあり方が表面化し、真面目に清掃するほどに、人件費やお湯の入れ替えなどに関わる温泉供給量の増加で、維持コストは嵩むばかりです。

こうした施設営業とメインテナンス・コストが偽装施設を生み出す背景ですが、私たち旅行業者がそうした施設の事実を、残念ながらほとんど知らないのが実情です。施設側で最初から「実はウチ、温泉じゃないんですけど、温泉として扱ってください」なんて言われて、自分たちのお客様を騙して案内してお金を頂戴するメリットなんて、通常では何もあり得ないし、後でそれが発覚すれば、自分たちが非難の対象となり、顧客の信用を失うだけですから。

認可を受けた温泉には、浴場に「許可証」が表示されており、ジャーニーマンでは取材の際は必ず現場と許可証、成分表示(温泉法第三章第十四条)を確認しています。でも、私たちは、お客様が気持ち良くその施設のお風呂を使えるか、お金を支払って泊まる価値があるかがいちばん大事だという認識です。ホテルのように、たとえ温泉ではなくても、宿泊者がそこのお風呂を気持ち良く使えるのならば、私たちはそのようにご紹介しますし、源泉掛け流しでも、衛生管理に問題があれば掲載を見合わせるだけです。

宿の魅力は、利用者の感性や「間」といった要素もありますが、お金を頂戴する以上、最低限のスタンダードはあると思います。普段の生活では体験できない非日常空間や時間をお買い求めいただくことが、業者側のいう旅行商品ですから、真面目に、そしてバランスの取れた施設(=旅行商品)が、結局はお客様の支持を頂戴できるものと認識しております。

いずれは「天然の地下水を、天然素材の薪や石炭で沸かした自然派のお風呂」なんてキャッチフレーズの施設も登場するかもしれませんが、それを真面目に運営しているのであれば、決して非難の対象とかではないと思います。あとは消費者の選択・判断だと思うのです。今、本当に欲しいのは選択の根拠とする「事実の公表」です。